よくある質問Q&A

よくお問い合わせのある質問事項などをまとめて掲載致しました。
迷った時にはまずはここをご覧下さい。
より詳しいご相談は、お気軽にお問い合わせ下さい。



Q1.歯ぐきが腫れたのですが、何が原因でしょうか?

A.

・歯ぐきが腫れていたむ。顔まで腫れた。
・歯が動く
・上下の歯が当たっただけで痛い
・ドキドキ・ズキズキ、心臓の音と
 同じ様に痛む




これらの症状の原因は、大きく2つに分けられます。

1歯(の根っこ)に原因がある。
2歯ぐきに原因がある。

基本的に細菌による感染症が原因なので、自然に治すには、かなりの免疫力と抗体がある人でないと厳しいでしょう。通常、原因となっている感染部の除去を行わないと、広範囲に広がってしまい、痛みが強くなります。かんたんに言うと最初、1本の歯が原因でそこだけを治療すれば良かったのに、放っておいたばっかりに両隣の歯までおかしくなって、ついには3本抜かなきゃだめになった。なんてこともありえます。我慢のしすぎは体にも良くないので、最寄りの歯医者さんに相談してください。




Q2.歯周病とは?

A.

まず歯周病とは、歯の病気ではありません。
ここはよく、かん違いされている方が多いとこですが、歯周病とは歯を支えている「骨」の病気です。
よく患者さんに「ここは歯の治療をした所なのに、なんで歯周病になるんだ?」と聞かれますが、いくら歯をキチンと治療しても家での歯ブラシを怠れば、歯周病になります。
先ほども言いましたが、「歯」ではなく「骨」の病気だからです。

画像など予定歯周病とは
1歯垢(食べかす)・歯石が歯にいつも付いている状態。
2歯ぎしり・食いしばりによる過度の力が歯にいつもかかっている状態。
3糖尿・高血圧などの、薬の服用によるもの。またはストレス。不規則な生活や病気などで、免疫力が下がっている状態。 このようなときに、歯を支えている骨が細菌に感染し、骨が溶けて痩せてしまうことです。


これもよく聞かれることですが、「この前、歯石取ったのにまた歯石とるの?」と言われます。一回取ったらしばらく付かないと思ってる方がけっこう多いのですが、かなり時間をかけて、糸ようじや、歯間ブラシ、音波ブラシを使用してキレイに磨いている方でも歯石は付きます。まして、1日2回程度、普通の歯ブラシで1回に2,3分のブラッシングの方は付いて当然なのです。

歯医者が異常に歯石に敏感なのは、歯周病により歯が無くなることが非常に多いことを知っているからです。歯石とは歯周病菌の「りっぱな家」と「豊富な食料庫」なのです。
なにが悲しくて、にっくき「歯周病菌」に家と食料を提供しなければいけないのですか。そう思うと歯石が付いてる状態に我慢ができないのです。

歯周病とは無自覚に進行し、気づいた時(歯が動く・歯ぐきが腫れる)には手遅れ(抜歯)になることが多い病気です。ですので日頃から家での歯ブラシを頑張ること、そしてたまにプロに汚れを取ってもらうことが非常に重要です。

「痛くもないのになんで歯医者なんか。」そう思いますよね。戦国時代のように、人生長くて50年の頃はそれでよかったかもしれません。が、今は人生80年(もっとですね)。正直、歯と歯ぐきの寿命はそんなに長くはありません。歯があれば美味しいものもずっと食べられます。生きてて楽しいことの一つは食事じゃないですか?
無理にでも寿命を延ばすためには、やはり努力が必要です。定期的な検診。汚れ落としはやったほうが良いと思いますよ。





よくある質問Q&Aインデックス

次へ